一般財団法人経済産業調査会近畿本部
HOME > セミナー・講演会「米国特許クレーム作成ワークショップ2017」
 
主催 一般財団法人 経済産業調査会近畿本部

米国特許クレーム作成ワークショップ2017
〜コンピュータ・ソフトウエア(CS)関連発明のクレームを考えてみよう〜

近年、IoT、ビッグデータ、AIの技術革新により、これらの技術分野における知財戦略をどのように行っていくか関心が高まっています。その中で、モノ(構造)を中心として特許権利化を図ってきた企業からは、コンピュータ・ソフトウエア(CS)関連発明のクレームをどのように記載すればよいのか、また何に注意しなければならないのか、戸惑いの声が多く聞かれます。
特に、日本では特許法上の保護対象である「発明」として認められたクレームが、米国では特許適格性がない(35U.S.C.§101)と判断されることは珍しくありません。私たちは、日本出願用のクレームを英訳して米国に出願することが多いため、米国の審査段階で始めてこのような拒絶理由に対応しなければならないことがよくあります。しかし、これは、時間的・コスト的負担が生じるだけでなく、権利取得そのものをあきらめざるを得ないリスクも出てきます。
今回のワークショップでは、米国特許商標庁の審査官の経験を持ちCS関連発明に携わってきた米国特許弁護士と、CS関連発明の出願を多く扱ってきた日本の弁理士が、日本との比較を交えながら、米国出願を見据えたCS関連発明のクレーム作成のポイントを解説します。
本ワークショップには、米国におけるCS関連発明のクレーム作成についてより知識を深めたいという方だけでなく、今まではあまり必要がなかったもののこれからCS関連発明の権利化を必要と考えているという方にもぜひ参加していただきたいと思います。この機会に多数ご出席くださいますようご案内申し上げます。

ワークショップの概要>  *英語中心で解説し、随時日本語解説を加えます。
1.講 義:
 CS関連発明の米国特許クレーム作成のポイント(特許適格性や記載要件の観点から)を、日本との比較を交えながら解説します。

2.ワークショップ:

 参加者には、セミナーで解説したポイントを中心に、CS関連発明のクレーム例(英文クレームも含む)について問題点などを御検討いただきます。講師がクレーム例に対する問題点や改良案を説明します。

終了しました。
講 師

米国特許弁護士 ギャリー・クー  氏(United IP Counselors, LLC)

(専門分野) 
コンピュータ、電気、データベース
(学歴)
2004年 イリノイ工科大学コンピューターサイエンス学科 卒業
2007年 デポール大学 ロースクール 卒業      
(職歴)
2007年 〜 2011年
米国特許商標庁 (USPTO) 入庁
特許審査官 (Database art 所属) 
2011年 8月 新樹グローバル・アイピー特許業務法人 入所
2014年 6月 Global IP Counselors LLP. 入所
United IP Counselors, LLC
(資格)  
米国パテント・アトーニー(Virginia State Bar, USPTO)
(国籍)
アメリカ
(言語) 
英語・韓国語

日本弁理士 原田 泉  氏  (新樹グローバル・アイピー特許業務法人)

(技術分野)
コンピュータ、制御(ソフト)、ネットワーク
(学歴)
1992年 早稲田大学教育学部英語英文学科 卒業
2005年 北海道情報大学経営情報学部情報学科(通信課程) 卒業
(職歴)
1993年〜2003年 特許事務所(東京)勤務
2005年 5月現・新樹グローバル・アイピー特許業務法人 入所
(資格)  
弁理士登録(2005年)

 

日 時

平成29年7月13日(木)10:00〜16:10
(受付は9時30分より)

場 所

OMMビル 2階 203会議室
大阪市中央区大手前1-7-31
(地下鉄・谷町線「天満橋」駅下車1番出口)
(OMMビル アクセス)

定 員
30名 (定員になり次第締切ります。)
受講料(税込)
(資料代含む)
特別会員 10,000円
普通会員 15,000円
購読者 18,000円
一 般 23,000円

経済産業公報特許ニュース及び知財ぷりずむの購読者の方です。

日本弁理士会会員の皆様へ

このセミナーは、日本弁理士会の継続研修としての認定を申請中です。認定後には、この研修を受講された方が、所定の申請をすると外部機関研修として5単位が認められる予定です。

キャンセルについて
参加をキャンセルされる場合は、セミナー開催の前々日(土日は除く)の17時までに、必ず電話にてご連絡下さい。期限以降のご欠席の場合は、参加料を請求させて頂きます。なお、代理出席は可能です。その他ご不明な点はお問い合せ下さい。
お問い合せ:一般財団法人経済産業調査会 近畿本部
セミナー・講演会係

TEL:06-6941-8971 FAX:06-6941-8974
 
Page Top