一般財団法人経済産業調査会近畿本部

HOME > セミナー・講演会「AI/IoT関連発明の発掘と競合他社に効くクレーム作成のポイント」

 
主催 一般財団法人経済産業調査会

AI/IoT関連発明の発掘と

競合他社に効くクレーム作成のポイント

〜日米中の先進企業AI/IoT特許を通じて学ぶ、AI/IoT特許の権利化・クレーム作成のコツ〜

「AIを制するものが未来を制する」、ソフトバンク社孫正義氏の2018年基調講演時での発言です。IoTデバイスの爆発的増加、スマートフォンの急速な普及によりビッグデータを用いたAI開発競争が米国、中国、日本で繰り広げられています。

 IoTによるデータ取得+AIテクノロジーという第四次産業革命ビジネスモデルがキーとなりますが、技術の複雑性・ノウハウ不足からどこをポイントに特許化すべきか良く分からないという悩みをよく聞きます。AI/IoT技術は裾野が非常に広く、特に医療、化学、バイオ、材料等をメインビジネスとする企業では迷走しがちです。

 本研修会では、IT、電気、機械、ライフサイエンス分野において幅広くAI/IoT特許についてコンサルティングを行っている河野弁理士が最新のAIテクノロジー、AI/IoT発明の発掘の仕方、判例及び日米中のAI特許審査動向を踏まえたクレーム作成ノウハウを徹底解説します。多数の方々のご参加をお待ちしています。 

■セミナープログラム
1.第四次産業革命におけるAI/IoT技術の重要性と発展性

2.知っておきたいAIテクノロジーの基礎知識
〜ディープラーニング、畳み込みニューラルネットワーク、リカレントニューラルネットワーク、Faster R-CNN、GAN、強化学習、深層強化学習(DQN)、A2C等〜

3.AI分野における米国・中国の動向、統計

4.日本の特許動向、特許庁施策、審査基準の改訂

5.特許紛争事例を通じて学ぶAI特許の重要性
〜特許の書き方が変わる。今までの特許の書き方ではAIをカバーできない〜

6.米国、日本、中国先進企業のAI特許紹介
(1)Google、アマゾン、MS、AIスタートアップのAI特許事例を通じて権利化のコツをつかむ
(2)画像処理AI、フィンテックAI、RPA(Robot Process Automation)営業処理系AI、言語処理AI、セキュリティAI、ロボット制御AI、医療・バイオ・ライフサイエンス系AIのポイントをわかり易く解説
(3)AI特許とあわせて各企業のAIビジネスを解説。AIビジネスを守る特許を取得する。

7.AI発明に対する審査、中間処理対応

AI発明に対する日本の保護適格性、米国Alice最高裁判決に基づく保護適格性、中国技術3要素判断に基づく保護適格性


8.3タイプのAI特許
AIアルゴリズム、AI利用発明、AI出力発明

9.AI特許を活用したビジネスモデル特許
〜AIアルゴリズム以外にも権利化すべきAI×ビジネス〜

10.IoTとビジネス 
〜米国GEのIoTビジネスと、独国イグス社のIoTビジネス。モノからサービスビジネスへ〜 IoTサービスの裏で権利化すべき特許とは

11.IoTビジネスの特許化
〜権利化すべきIoTと、そうでないIoT〜

12.IoTとブロックチェーン技術
〜ブロックチェーン技術の基礎とIoTへの適用、IoT機器とスマートコントラクト〜
〜IoT×ブロックチェーン特許紹介 物流×ブロックチェーン、売電×ブロックチェーン、著作権オーナー×ブロックチェーン〜

13.AI・IoT審査基準に適合した新型クレーム作成方法
判例を考慮した競合他社に効くクレームの書き方
〜学習モデル、データ構造、IoTビジネス、ブロックチェーンを用いたIoTサービスを適切に保護するクレーム作成方法、IoT時代の日米判例を通じた実践的クレーム作成方法の解説〜

14.AI・IoT特許の発明提案書を開発部門から数多く提出させるコツ

講 師
河野特許事務所 所長・弁理士 河野 英仁(こうの ひでと)氏
 
講師プロフィール
立命館大学情報システム学博士前期課程修了
米国フランクリンピアースローセンター知的財産権法修士修了
中国清華大学法学院知的財産夏期セミナー修了
MIT(マサチューセッツ工科大学)コンピュータ科学・AI研究所 AIコース修了
AI, IoT, FinTech,ビジネスモデル特許の他、米国・中国特許の権利化・侵害訴訟を専門としている。

** 著 書 **
『世界のソフトウエア特許』(共著) 
『FinTech特許入門』
『AI/IoT特許入門』

日 時 平成30年9月28日(金)10:00〜16:10
(受付は9時30分より)

場 所


OMMビル2階 204会議室
大阪市中央区大手前1-7-31
(地下鉄:谷町線・京阪電車「天満橋」駅下車すぐ
地図
定 員

40名 

受講料(税込)
(資料代含む)
特別会員 10,000円
普通会員 15,000円
購読者 18,000円
一 般 23,000円
経済産業公報特許ニュース及び知財ぷりずむの購読者の方です。
ご注意 講義中のパソコン・タブレットのご使用はご遠慮下さい。
日本弁理士会
会員の皆様へ
このセミナーは、日本弁理士会の継続研修としての認定を申請中です。
認定後にはこの研修を受講された方が所定の申請をすると外部機関研修として5単位が認められる予定です。
キャンセルについて
参加をキャンセルされる場合は、セミナー開催の前々日(土日は除く)の17時までに、必ず電話にてご連絡下さい。期限以降のご欠席の場合は、参加料を請求させて頂きます。なお、代理出席は可能です。その他ご不明な点はお問い合せ下さい。
お問い合せ:一般財団法人経済産業調査会 近畿本部
セミナー・講演会係

TEL:06-6941-8971 FAX:06-6941-8974
 
Page Top