一般財団法人経済産業調査会近畿本部
HOME > 月刊誌 > 知財ぷりずむ > バックナンバー > 2012年9月号(No.119)
RIETI KANSAI(リーチかんさい)
月刊 知財ぷりずむ
2012年9月号(No.120) 
編集・発行 財団法人経済産業調査会
判型:A4判 月刊(毎月10日発行)
知財ぷりずむ知的財産情報会員の会報誌です。
 
 
◎主要目次◎
研究論考
・著作権の侵害主体 ─判例の整理と立法への提言─ 
(東京都立大学名誉教授 渋谷 達紀) 

・進歩性判断における周知技術と設計事項の位置づけ 
(辻本法律特許事務所 所長、弁護士・弁理士・ニューヨーク州弁護士 辻本 希世士) 

・当然対抗制度(高橋法律特許事務所 弁護士・弁理士 高橋 淳) 

・続・米国特許法規則ガイド(第1回)(河野特許事務所 弁理士 河野 英仁) 

・米国における加速審査制度の概要・留意事項及び審査状況 
(Posz Law Group, PLC 弁理士 吉田 哲) 

・インドの知財を巡る状況とJETROの活動 
(日本貿易振興機構バンコク事務所 知的財産部長 大熊 靖夫) 

・水際取締手続における専門委員制度の手続・運用の一部変更について 
─税関個別通達の一部改正を確認する─(弁理士 中澤 直樹) 

・知的財産分野におけるアセアンとの新たな協力関係 
─第2回日アセアン特許庁長官会合と知的財産に関する協力覚書─ 
(特許庁総務部国際課 課長補佐 上田 真誠) 
連載

・新判決例研究(第174回) 権利侵害警告と不正競争防止法第2条1項14号、同法第4条の成否(弁護士 村田 秀人) 

・知的財産法エキスパートへの道(第43回) 特許クレームの解釈(4) 
(牛鳴坂法律事務所 弁護士 木村 耕太郎) 

・現代社会における著作権問題Q&A(第5回) 
(大阪弁護士会 知的財産委員会委員 弁護士 白木 裕一) 

参考資料

資料1 第103回総合科学技術会議配布資料(7月30日 内閣府)

連載小説
・ 昭和カミング(第6回)(川内 清隆) 
チベットの文化・歴史を訪ねて
・いきものがかり (エネルギー・環境ジャーナリスト 廣瀬 鉄之介) 
リレー マンスリーニュース
・《北京便り》環境保護技術などに対して、優先審査制度スタート(中国専利代理人 呉 京順)
ワシントンDC通信
・夏が終わる気配(米国弁護士 ネルソン・グラム) 
※本誌に掲載した論文等のうち、意見にわたる部分は、それぞれの著者の個人的見解であることをお断りいたします。
 
Page Top