一般財団法人経済産業調査会近畿本部

HOME > セミナー・講演会「機械・電気・情報・材料分野の進歩性」

 
主催 一般財団法人経済産業調査会
機械・電気・情報・材料分野の進歩性
〜知財高裁典型事例を通じて実務に役立つ反論のコツを学ぶ〜

特許権利化段階、異議申立・審判段階、訴訟段階いずれのステージにおいても進歩性は、特許実務家にとって避けることのできない問題であり、「容易に発明できたか否か」は、キャリアを終えるまで追求すべき永遠のテーマであるといえます。
 この進歩性判断に関しては技術分野を特定した上で争点をパターン別に分類して知財高裁の判示内容を学ぶことで、自身が実際に担当する案件の主張のポイント・反論のコツをつかむことができます。
 本セミナーでは機械・電気・情報・材料分野に範囲を限定した上で、 知財高裁の典型事例、最新事例をパターン別に解説し、実務に役立つ反論のコツを学びます。あわせて中間処理時の特許強化方法、面接審査の有効活用法、諸外国での進歩性違反主張時の注意点等、進歩性+特許強化手法についても解説いたします。多数の方々のご参加をお待ちしています。

■セミナープログラム
1.進歩性の基本的判断手法
2.知財高裁判決を通じて学ぶ進歩性
 引用発明の認定、動機づけ、阻害要因、技術分野の共通性が争点となった典型事例を通じて、パターン別に反論ポイントを学ぶ
 最新判例の分析
3.権利行使を見据えた意見書の書き方と中間処理時の特許強化方法
4.面接審査での進歩性克服テクニック
5.異議申立・無効審判・訴訟別、進歩性主張時の注意点
6.外国特許の進歩性違反主張時の注意点(米国・中国)
7.質疑応答

講師
河野特許事務所 所長・弁理士 河野 英仁(こうの ひでと)氏
講師プロフィール
1998年 立命館大学大学院理工学研究科 情報システム学博士前期課程修了
1998年 河野特許事務所入所
2003年 Birch,Stewart,Kolasch,&Birch,LLP(米国Virginia州)勤務
2005年 Franklin Pierce Law Center (米国NewHampshire州)知的財産権法修士修了(MIP: Master of Intellectual Property)
2007年 特定侵害訴訟代理人登録
2007年 清華大学法学院(北京)留学中国知的財産権法夏期講習修了
2009年 日本国際知的財産権保護協会(AIPPI)「コンピュータ・ソフトウェア関連およびビジネス分野等における保護」に関する研究会委員
2010年 北京同逹信恒知識産権代理有限会社勤務、
2016年 MIT(マサチューセッツ工科大学) Fintechコース受講

** 著 書 **
『新旧対照改正米国特許法実務マニュアル』、『中国特許と実務』 経済産業調査会
『世界のソフトウエア特許』(共著) 発明推進協会  など

日時 平成29年6月9日(金)10:00〜16:10
(受付は9時30分より)

場所


OMMビル 2階 第205会議室
大阪市中央区大手前1-7-31
(京阪電車「天満橋」駅東口、地下鉄谷町線「天満橋」駅北改札口からOMM地下2階に連絡)
 
定員

40名 

受講料(税込)
(資料代含む)
特別会員 10,000円
普通会員 15,000円
購読者 18,000円
一 般 23,000円
経済産業公報特許ニュース及び知財ぷりずむの購読者の方です。
日本弁理士会会員の皆様へ

このセミナーは、日本弁理士会の継続研修としての認定を申請中です。認定後には、この研修を受講された方が、所定の申請をすると外部機関研修として5単位が認められる予定です。

キャンセルについて
参加をキャンセルされる場合は、セミナー開催の前々日(土日は除く)の17時までに、必ず電話にてご連絡下さい。期限以降のご欠席の場合は、参加料を請求させて頂きます。なお、代理出席は可能です。その他ご不明な点はお問い合せ下さい。
お問い合せ:一般財団法人経済産業調査会 近畿本部
セミナー・講演会係

TEL:06-6941-8971 FAX:06-6941-8974
 
Page Top